宿曜占星術 蔡実伽子占い館 東京都新宿区 山手線高田馬場

蔡実伽子 宿曜占星術

本流宿曜占星術(講談社)著者 蔡実伽子 ウェブサイト 講談社文庫にて驚異の的中率当たると紹介
蔡実伽子(さいみかこ)プロフィール

縁あって小峰有美子師のもとで宿曜を学びつつ、ライターとして実績を積む。 独立後は、宿曜経の原点に立ち戻り研究を深めると共に、柔軟な視点から東洋占術の可能性を追求。
現在は、大企業主、国際政治家、第一線で活躍するアーティストの鑑定などの相談にあたる傍ら、執筆活動にも勤しんでいる。
高田馬場占い館 蔡実伽子事務所
〒169-0075 東京都新宿区高田馬場1-6-19中央ビル101
TEL 050-3736-7032

鑑定は基本的に予約制となっております。
鑑定依頼ページよりネットから予約頂くか、お電話でのご予約が可能です。
※当日の予約に関してはお電話でのご予約をお勧めしております。 JR山手線高田馬場早稲田口駅より徒歩3~4分
営団地下鉄東西線高田馬場駅7番出口より徒歩1~2分
店舗からのNEWS 営業時間変更 メディア掲載など
2016年04月04日2016年展望掲載 画像のあるNEWSこのNEWSを読む
2015年12月17日年末年始の営業に関して 画像のあるNEWSこのNEWSを読む
2015年09月28日10月度の予約表を更新しました 画像のあるNEWSこのNEWSを読む
2015年08月08日店舗看板について 画像のあるNEWSこのNEWSを読む
2015年06月20日ご予約に関して 画像のあるNEWSこのNEWSを読む
主な著作物の紹介 / メディア寄稿
本流宿曜占星術 本流宿曜占星術
講談社ビーシー
2011年11月
主な内容
・第一章…宿曜占星術とは何か
・第二章…宿曜ホロスコープ
・第三章…二十七宿の性格・運命
・第四章…人間関係をみる
・第五章…毎日の吉凶をみる
定価:本体1600円(税別)
本流宿曜占星術Ⅱ 対人関係編 本流宿曜占星術Ⅱ 対人関係編
講談社ビーシー
2011年11月
主な内容
・第一章…宿曜占星術とは何か
・第二章…宿曜占星術における六つの人間関係
・第三章…二十七宿から見た二十七宿の詳しい対人関係
Oz plus・第四章…宿曜本命宿早見表
定価:本体1800円(税別)
その他、学研ムー、週刊SPA、週刊女性など多数執筆あり
最新お客様の声
2016年03月25日12時44分
「仕事 」
に関するご相談
男性のお客様の声複数の業態の店舗を経営しており、新店の候 ... 全文を読む
複数の業態の店舗を経営しており、新店の候補地と名称についてご相談に乗って頂きました。
候補が拮抗しておりましたので、鑑定結果の後押しが決め手となり、満足しております。
開店の際には、ご連絡いたしますのでよろしくお願い致します。
2015年09月26日15時50分
「家庭 夫婦 離婚 」
に関するご相談
女性のお客様の声人に言えないような悩みで相談に行きました ... 全文を読む
人に言えないような悩みで相談に行きました。
今まで悩んでいたのが、かなりすっきりして行って良かったです。
良いアドバイスを頂きとても満足しています。
2015年07月20日17時54分
「仕事 仕事上の経営相談 」
に関するご相談
男性のお客様の声事業展開に関してどうしても自信を持つこと ... 全文を読む
事業展開に関してどうしても自信を持つことができずに、相談させていただきました。企業主同士で話していても、あれほど真剣にしかも仔細にわたり質問を投げかけてくる人には、なかなか出逢えません。これが占いなのか?と疑問を抱いたころ、ハッと気づきました。蔡先生と話し合っている中で、明確な答えが出ていたのです。「ほらね、ちゃんと答えを知っているじゃない」と笑顔で言われた時には、一気に肩の力が抜けました。顧問契約を結びたいくらいですが、また折にふれ伺わせていただきます。
2015年06月07日09時04分
「家庭 夫婦 」
に関するご相談
男性のお客様の声蔡先生のおかげで、最適のタイミングと最善 ... 全文を読む
蔡先生のおかげで、最適のタイミングと最善の方法で、家族を再構築することができました。もしアドバイスを頂かずに自分の考えのまま動いていたら、と思うと背筋が寒くなる思いです。言葉では言い尽くせないほどに感謝しております。本当にありがとうございました。
2015年05月06日14時44分
「結婚 恋愛 」
に関するご相談
女性のお客様の声恋愛に関して相談しました。親や兄弟とも違 ... 全文を読む
恋愛に関して相談しました。親や兄弟とも違うし、友達や先生というのとも違って、どう言ったらいいのかわかりませんが、ともかく「幸せになってね」という本気で強い気持ちが響いてきて、思わず泣いてしまい、申し訳ありませんでした。先生のお言葉を胸に、絶対に幸せになります。
お客様の声 一覧(上記は最新の5件のみ表示)
昨年まで会報上に記しておりました「年展望」の文章を、今年はネットで一部公開することに致しました。
【2016年展望】…出来得る限りの「地固め、底上げ」を
2015年は波乱の気運のもと、自ら行動を起こし勇気あるリスタートが望まれる年でした。意図したか否かは別としても、身の回りに様々な変化が感じられた方も多いことでしょう。それに比して2016年の気運は「穏やかに納める」方向に働き、地道な耕作から豊かな実りが得られる年となります。ただし翌2017年には停滞の気運が訪れます。それだけにこの2016年の陽光の下で充分な成果を得て、来る年への備えとするべきです。
古の宿曜師であったならば、時の権力者に対し「本年は地道な開墾と農業の育成に力を注ぐことにより、明るく穏やかに豊穣を享受し得る年」と述べるとともに、「翌年の為にしっかりと備蓄を為すべき」と進言していたことでしょう。現代に即して言い換えるならば、「経済的にはもちろんのこと、個々の体力、気力、能力の全てにおいて、『基礎・地盤をより強固にし、一つ一つ成果を得ながら、しっかりとした底上げをしておくべき』時である」と言えましょう。
【自然災害等】…天災より人災に注意
 昨年も記したとおり、長期的には気象変動激甚化の期間にあり、かつ火山活動の要注意期間にもあるため、自然災害への配慮は欠かせません。が、それらの期間内にあって2016年は比較的穏やかな年となります。敢えて言うならば“山が動くと地が動く”象意が、主たる気運に付随するものとして出現していますので、火山活動と地震には注意が必要です。しかしながら、総じて多数の犠牲者を生むような激烈災害の気配はありません。
 特筆すべきは、天災よりも人災に注意すべきであることです。設備の老朽化や整備不良など、人の手による部分の不具合が災害を大きくする、あるいは災害そのものを惹起する懸念があります。インフラ等はもちろん、様々な維持整備に関わる人々には、くれぐれも十分な配慮をお願いしたいところです。
【社会】…総じて明るく穏やかに
 昨年の表層的な明るさとは異なり、今年はより隅々まで穏やかな明るさが行き渡ります。昨年、新たな取り組みや改革に取り組んだ分野や物事は、本年度中に安定した形となり、明確な成果を得ることができます。特に2016年は、真面目で地道な努力にスポットライトが当たりそうです。地味な努力を続けてきた人、そして穏やかに和を保ちつつ頑張る人には、思いがけないご褒美がもたらされるかもしれません。
逆に、権力志向の強い人や自己顕示欲の強い人は、調子に乗っていると自らの足を掬うような事態が懸念されますので、身を慎むこと。また、明るい気運に乗って大きな野望を抱きがちな時ではありますが、平穏さを気運が求めているこの年、過度に挑戦的な行動は成功しないばかりでなく、後々に禍根を残すことになるでしょう。一気に突進するような好戦的姿勢より、まずは地味ながらも手堅いスタートを切ることを心がけてください。
さらに軽薄短慮な行動に対するしっぺ返しは、昨年以上の痛みを伴います。飲酒運転などの危険運転、つまらないいざこざからの傷害、安易で短絡的な詐欺商法などがメディアを騒がせ、大きく叩かれることになるでしょう。
【経済】…成果が目に見える年
 2016年、参院選や消費税率アップなど株価に影響を及ぼしそうな案件が控えていますが、全体の流れとしては底堅さを保ちます。むしろ目先のことに対して軽率に騒ぎ立てたり慌てたりしないことが、好基調を保つ鍵となります。
昨年は格差拡大が問題となり、大企業のみの好況感、内部留保の増大などへの不満が叫ばれました。が、2016年は中小零細企業にも着実にチャンスは巡ってきますし、中小企業にこそ景気牽引の原動力となってもらいたいものです。本年は、権力を持つ者にはより厳しい風が吹き、縁の下の力持ち的人々にはより優しい風が吹いてきます。法人・個人を問わず、派手なパフォーマンスや力の誇示は不要です。奇を衒わずに本筋を見誤ることなく努力を続けていくことで、目に見える成果が得られるでしょう。
さて、冒頭にも記しましたが、2017年にはまた波乱と停滞の気運が漂います。その時の為にしっかりとした地盤固めと底上げが要請されています。もちろん安定的な内部留保も大切ですが、企業にとって最も大切な資産は“人”であることをお忘れなく。この点においては個々人も同様、自分自身にしっかりとした投資をすることで翌年への備えと為してください。
【海外、その他】…3月、9月が要注意
 ところで北朝鮮の最高指導者キムジョンウン氏、心宿の彼にとって中国の習主席、韓国の朴大統領、ロシアのプーチン大統領、彼らとは全て危成の関係。極めつけはアメリカのオバマ大統領との安壊の関係。もともと神経質で捉えどころのない心宿のキム氏にとって、平和的に信頼関係を結ぶのは到底無理なお相手に囲まれています。いずれの権力者も、2016年の厳しい風に耐えて、妙な方向に突進することなく平静・平穏を保って頂けますように祈るばかりです。
 またテロとの戦いにおいて各国が協力するのであれば、本年度中に手を取り合う必要があります。自国の利益を優先しつつ各国が勝手な行動を取り続けるならば、2017年の停滞期に向けて事態は悪化の一途を辿る恐れがあります。その観点からも、5月の伊勢志摩サミットが有意義に働いてくれることが望まれます。このサミット期間については比較的穏やかな時期にあたりますので、良い結果が導き出されることを期待しましょう。
 ちなみにホストとなる安倍首相は、本来権力志向と自己顕示欲が旺盛な張宿。だからこそ2016年は気運に反しないよう、謙虚で慎重な行動に徹して頂くことで、本年の「物事に納まりがつく穏やかな気運」をしっかり捕えて頂けますように…老婆心ながら。